茜さすと信濃鶴

午前中ポツポツと雨が降ってましたが、すっきりと晴れました


今週から本格的に自転車の室内とトレーニングを始めました


今までもトレーニング自体はしていたのですが、血糖を下げる意味合いもあり有酸素運動も取り入れていたため、有酸素運動中に血中の糖質が消費され、筋肉に蓄えられるグリコーゲンを消費してしまい、無酸素運動時に使える分がなくなり、結果として筋トレに必要なパフォーマンスが得られなかったり、筋肉の回復に必要な分のグリコーゲンが得られ無かったりしていました


まあ、糖尿病からの(数値的な)脱出が一番でしたので今まではそれでよかったのですが、これからは本格的に心肺機能と筋力アップのためのトレーニングをして行きます


主に鍛えたいのは、太もも:大腿四頭筋・ハムストリング 臀部:大殿筋などです


やっているのは、インターバルトレーニングと言うもの


自転車では、立ちこぎする位の坂をイメージして、一分間


通常の有酸素運動での脈拍数120位の負荷で、一分間


この高負荷と低負荷を交互に繰り返し大体10セット(20分)くらい続けます


休息期間中も低強度で運動をし続ける「不完全休息」が特徴で、筋力アップだけでなく心肺機能向上にも大きく影響します


書いているといいことだらけですが、実際にやってみたら


初日は、3セット目で足上がんなくなりました


呼吸もキツイ感じです


二日目は、がんばって4セット目まで行きました


そして昨晩どうにか5セット目まで行けました


太ももパンパンです


まだ一度も10セットやったこと無いですが、終わった?後には1~2分くらい座りこみたい感じです


その他にも筋トレして、トレーニング後プロテイン、BCAA、クエン酸などを摂取すると三日で筋肉付いてきたのが実感できます


効果はあるんですが、身体に結構負担がかかるため、二・三日トレーニングをすると休養日も必要です


休養するか、トレーニングするかその目安になるのが就寝時と起床時の心拍数です


特に重要なのは、起床時心拍数


疲労蓄積の目安になります


私の場合通常の起床時心拍数が50~53なので、大体これの10%を超えたあたり(55~59)で要注意


60を超えたら高強度トレーニングはやらないようにします


また、心拍数は自律神経と密接な関係があります


自律神経は、内臓や臓器の働きをコントロールし消化吸収や代謝を安定的にコントロールしています


自律神経は交感神経と副交感神経に分かれ、身体が活発に動くと交感神経が刺激され心拍数は必然的に上がります


副交感神経は身体をリラックスさせ休息モードへと誘います


睡眠中は副交感神経が優位になり心拍数は、下がって行きます


良い眠りが取れていない時は、睡眠時に交感神経がOFFになっていない可能性があるため、疲労が取れて無いと判断しトレーニングの負荷を調整する目安になります


まあ、長くなりましたが、心拍数計るのに今までは室内用自転車に付属してたものを使ってましたが、トレーニングの質を変えたので、心拍数ももっとシビアに計れる、物が欲しくなり


そんなこんなで、またアマゾンでこんなのポチっちゃいました
画像


自転車乗りはじめてから、物欲が出て来たような気がするなー


その分お酒が減ったので、身体に良さそうだし、おこずかいもカツカツ足りてます


と言う訳で、今日はトレーニング軽めにします



お酒の紹介まですごく長くなりました(すみません)


今日入荷のお酒です
画像


茜さす 特別純米 瓶火入れ 原酒


甘みが乗りながらも酸味がしっかり支え、コレで火入?!


生酒のようなフレッシュさも感じさせます



信濃鶴 純米 無ろ過生原酒


完熟した杏子や梅の熟れた甘い香りと程よい旨味が、余韻短くすぱっとキレます


うっとりしながらも、はっと我に帰るような 綺麗な印象です


茜さす、信濃鶴ともに安定の銘柄です



今日は、やっぱりお酒呑んじゃおうかなー


気持ちの弱いマスターでした




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック