あげぞこ

もうだいぶ前の話です、年配の男性のお客様で一番安い酒頂戴って言って、ここの酒は高いねーって騒いでる方がいました


ちどりでは、日本酒を100mlと180mlの二つのサイズでご用意してます


それのメニューを見て、コレは量が少ない、180mlと360mlの価格だよ などととんでもない事を言ってます


そのおっちゃんが言うには、いつも行くいっぱい飲み屋では、一合徳利400円で呑めるらしいです


まともに話しててもあほらしいので、じゃあ今からそこに行って呑んで下さい ってお話しして帰って頂きましたが


飲食店の飲み物の量って様々ですよね


生ビールだってお店によって、グラスやジョッキの大きさは違います


生中って言っても500ml入るジョッキ使ってるところなんて最近見かけないです


おまけにビールは液体と泡の比率によっても変わってきます


私なんか甲子園球場でビール飲む時、泡少なかったら得するな~なんていつも思ってます


さて、では日本酒の量についてお話します


一合=180ml


ここら辺は大体の方がご存じの事だと思いますが、よく居酒屋で出される一合徳利、どれくらい入るか知ってます?


一合徳利だから180mlだろ!と思ってる方 甘い!


日本酒の酒器ってそんなにきっちり入りません


徳利が近くにあれば底の方良く見て下さい、へこんでますよね


そう、上げ底なんです


外見からは一合入りそうですが、本当はそこまで入りません


では、実験してみましょう


ちどりにも一応ある(使ってない)一合徳利
画像

お水を入れます
画像

首の少し上まで入れます


計量カップに空けてみましょう  どのくらいかな?
画像

140mlにわずか届かない位です


えーーーーっと思うでしょ


そんなもんです


物によっては130mlも入らないものもあれば、150ml近く入る物もありますが大体140ml位のようです


そのあげぞこで浮いた分は、お店の取り分だった なんて聞いた事がありますよ


まあ、大体の酒飲みは知ってる 暗黙の了解 って奴ですけど良くも悪くもコレも文化なんです


ちなみにちどりで使っている徳利は、ガラス製できっちり180ml入ります


一合って言って一合入らないのは嫌いなのと、透明なガラス製のものは、お酒の色もクリアーに見えるからです


圭子さんが一升瓶から注いだお酒の色を見て、飲む前からこんなお酒かな~なんて想像を膨らませてワクワクしてもらえたら嬉しいなって思ってます


まあ、いっぱい飲み屋さんの常温で置いてるアル添の日本酒風飲料とちゃんと管理している日本酒比べても量の問題じゃ無く別物なんですが、それは置いといてもまあ色んな事あるんですね










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック