梅雨の中休みも今日までみたい


明日からはまた雨予報で、少し風も出て来た長野市街です


圭子さんが朝から洗濯してくれたので、炎天下の下洗濯ものが気持ちよさげに風に揺られてました


3時間ほどでからっと乾いてました


気持ちいいですね


さあ、本日入荷は大信州 純米吟醸 原酒生詰 限定 月 夏吟中取り 
画像

華やかな香りで、飲み口良く感じられるほのかな甘み、あとはすっきり だと思います(未試飲です)


あっそれと、一応説明しておきますね


生詰め


日本酒は雑菌の繁殖を防ぐのと再発酵を防ぐために二度加熱殺菌します


一回目はお酒が出来てすぐ、貯蔵前


二回目は(瓶詰め)出荷前


以上合計二回です


そしてそれぞれ名称があります


貯蔵前に火入したお酒は 生詰め


出荷前に火入したお酒は 生貯蔵


全く火入れしてないのは 生 です


生詰めは、火入後熟成させ味をまろやかにして、風味を楽しめます


生貯蔵は出荷前ぎりぎりまで味を変化させ(落ちつかせ)、ここというタイミングで火入れをして酒質を安定させます


火入れをしているのになぜ 生・・と呼ぶのかと言うと、一応二回火入れが基本なので、二回のうちどちらかの火入をしてないので 生・・だそうです


一般常識的には考えられない事を日本酒業界はちょいちょいやりますが、コレもそのひとつです


売れればいいと言う酒税の関係と業界の思惑が一致したものです


火入してる生・・ ろ過してる無ろ過、アル添してる醸造酒、辛口、少し考えれば変なことでも通用します


まあ、気にしないようにしましょうね


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック