第二波

東京では連日5~60人の感染が確認されてます


ついに来ました感染第二波


皆が気を緩めたせいです


プロ野球も即刻中止すべきです


ディズニーランド再開なんてとんでもない


学校も閉鎖して休校


仕事もリモートワークにして、経済活動は即刻停止させましょう


国民全員へのPCR検査の実施をして、鼻水程度の軽症者も無症状でも入院させて隔離させましょう


都民をウイルス扱いして、周辺地域住民は観光地、小売店などで車のナンバーチェックしましょう


マスクしてない奴は吊し上げろ


国民全員に給付金配れ


小さいマスクも忘れずに


あっトイレットペーパー買いに行かなきゃ


小池都知事は第二波ではないと言っています、選挙前だから嘘ついているのか?


いや、オリンピックの再延期か中止が嫌で認めたくないんだ



さてさて、こんな茶番もう一回付き合う気あります?


解らなかったから怖かったコロナ


整理します


二月からわかっていたこと


高齢者と持病ある人はかなりリスク高い


無症状の感染者が多い


ほぼ接触感染なので、手洗いが重要


ワクチンも治療薬もない


5月までに分かったこと


日本では欧米と比較して感染拡大の速度が非常に遅い


世界各国での死亡数(もちろん日本も)


飛沫感染の可能性もある(厚労省は1m以内で15分以上を接触と記録)


感染しても軽い風邪で済むことがほとんど


低年齢だと死亡例もほぼない


感染者が出すウイルスは高年齢になるほど多くなる




新型コロナわからなかったことがこれからもどんどん解明されてくることでしょう


感染症なので感染しない、人に染さない 要は、感染拡大させないのは、重要でしょう


防疫的にも第二波が来たとすれば大変です


でもね、わかったことだけでも見てみたらいいですよ、高齢者と基礎疾患がある人以外は、ただの風邪です


リスクが高い人たちをいかに守るか?






もう、二月ころから言ってる気がするんですけど


お年寄りだけ守って、あとは普通に生活 ”ただの風邪”なんだから


三月以降ほんと、バカみたいな四か月でした




だからさー、厚労省の接触確認アプリ 高齢者や夜の街に行く人使わないでしょ




今まで見てきて


コロナを今迄出会ったことのない生死にかかわるかもしれない新しい脅威としたならば


何か問題が起きたときに知恵を出し工夫しながら頑張っていく・立ち向かっていく人と、思考を停止して漠然と恐怖に飲み込まれていく人に極端に解れた


正しく恐れるならまだ、改善の見込みがあるけど、何となく怖がっていたら恐れに変わったって人はだめね


前者は算数やれとかデータを見たり規則性を・・・なんてお説教のしようもありますが


後者はね


心療内科に行くことをお勧めします


まずデータをちゃんと見る、規則性を発見する、行動に落とし込む


感染者数を見ると、NYでは1万人まで約20日、日本では120日以上と感染速度が全然違うのに、二週間後にはNYみたいになるとか平気で言っちゃう人


厚労省が今迄国内での感染の例からデータを取って、(飛沫)感染の可能性は、1m以内で15分以上の接触だって言ってるのに、それを踏まえた行動では海水浴場の閉鎖とかになっちゃう神奈川県知事


感染者がいない田舎でほとんどの感染は接触感染って言ってるのにもかかわらず、感染の可能性は低い飛沫感染を防ぐためにマスクをする、そして熱中症なるまで外さない人


学校を再開するかどうかは、各年齢での感染者数、重症化数、死亡者数などの数に注目してみよう、学校、保育園などでクラスターが発生した例があれば、生徒・児童なのか教職員なのか内訳を分析してみよう、ざっくり年代によってのウイルス吐出量のデータも出てますよね


そうしたら、生徒なんて全然リスク低くて、校長や教頭のほうが染すのも染されるのもはるかに高リスクなのが判りますよね


結果とすればむしろ、60歳以上で基礎疾患のある方は学校に立ち入り禁止にすることを即刻検討すべきです



さあ、新コロロスになってたみなさん、待望の第二波来ましたよ


怖がりましょう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント