一本道なんですけどね

新型コロナの話です


7月末から始まったGO TO トラベル


8月9月の感染者は減っているのに、12月に感染者が増えたのはGO TOのせいと言われてます


そう言い切れる根拠があるならそれを示せばいいけど、それは無いらしい


陽性判定者が増え始めたのは、入国制限を緩和した時期と一致するとか、前回の波から抗体が減少するとされている期間と一致するとか、気温と湿度の問題で季節性のものだとか、いろいろ言われてますが、一応全て推論


だけどそれなりにどうしてそう考えたかと言う根拠を提示している


近所のスーパー銭湯は年寄りで満員だったとか、居酒屋が賑わってたとか、スーパーが満員だったとか、電車が・・・あと観光地が賑わってた とかですかね


私も期間中二回ほどGO TOトラベルを使って旅行しましたが、今宿泊施設ってとんでもないくらい、感染防止対策してます


やりすぎなくらいです


じゃあ、人と人の接触?


根拠はないけど何となくそう思った


そして、それを言っちゃう


他の一応根拠が示されている推測よりも、何となく気分でとか思いついたから・・・


専門家がそれではいけないと思います


本当に感染を防止したいのなら、ちゃんと対策を考える


安易にGO TOトラベルやめたら感染拡大が収まると言う思考は、危険です


それはもう、一部のマスコミがやってる 政府がやることはすべて悪い 首相が悪いとかの政権批判・政権攻撃と一緒です


止めた方がいいのなら本当にやめた方がいい根拠を示すべきです


エビデンスは無いが・・・そういう風に考えられるなんてことを平気で言う専門家を信じられるのか?


分科会の方はアクセルとブレーキを両方踏むのは良くないと言っていました


全くわかってない


経済を回すのがアクセルで、感染予防がブレーキでどちらか一方だけしかやらない選択をさせちゃいけない


そして、その選択なら


10万人上の自殺者増(10年以上にわたり)、行方不明者はその3倍にもなったバブルの頃の教訓と、コロナの関連死以外の死因も含め2~3000人のどっちを選ぶかは明らかです


そのチョイスなら経済優先になってしまう


そうじゃなくて、両方やろうとしてるから 政府がこんなに苦しんでいる


感染対策はポイントを絞って無症状を炙り出す作業にリソースを割かず、施設内・院内感染対策に絞る


経済活動は普通に行う


運転上手な人(サーキットドライバー)は、アクセルとブレーキの両方踏みながら運転できるそうです(ヒールアンドトゥ)


道端でバタバタと人が死ぬような恐怖を煽らない


自分で考えましょう


未知のウイルスだから と言って逃げる専門家の方たち 


今年の1月から騒ぎ始めてもう、10ヶ月経ちますよ


少しは、解ったことあるよね


そろそろ、そのデータ活用してみる気にならないかな?


いつまで言ってんだ、二週間後は~未知のウイルスなので・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント