キャッシュレスも出来まっせ

今年の10月から消費税が上がります(たぶん)


税率は8%から10%になります


増税感を和らげるために色んな施策が予定されていますが、簡単に言うと集めた税のバラマキなんですが、増税による消費の落ち込みをやわらげたり、商売してる方達の反発をやわらげるのを考えに入れているようです


そのうちの一つにキャッシュレス・消費者還元制度と言うものがあります


上記の二つの目的に、事業者のお金の流れを明確にし、事業に関する税を徴収しやすくしたいという税務署の考えも含まれます


内容は、クレジットカードや電子マネーなどキャッシュレスでの決済に国から5%(または2%)ポイントバックされる


私たちの様な事業者には、決済に必要な端末の本体と設置に補助が出ます(ほとんど無料でもらえます)


また、キャッシュレス決済時に各事業者が負担している手数料を国が少し負担してくれます


いずれも来年の6月末までの期間限定です


今までもカードで支払いができたりしてたお店では、ほとんど対応していると思います


ちどりでも、QR決済のペイペイに続き新しい端末を導入して交通系やクイックペイ、iDなどに対応しています


それでも、現状ほとんどのお客様が現金での決済ですが、これからの流れを考えたら準備はしておかなきゃいけないと思ってます


現状でもカード使えばポイント付きます


ナナコやワオンでもポイント付きます


ペイペイ、メルペイ、ラインペイなんかではポイント大盤振る舞いしてました


そんな時に、日本は安全だから現金が一番とか技術が高く紙幣が偽造されにくいから現金の信用度が高い とか寝ぼけた事言ってると完全に取り残されると思ってます


キャッシュレスのメリット


・決済が簡単 ・データで管理できる ・ポイントが貯まる ・現金を持ち歩かなくてすむ ・金額が大きい決済にも使いやすい 


色々なキャッシュレス決済の手段が一般化することによって、色んなところで使えるようになってくるのは確実でしょうね


カード会社のJCBのデータなので、かなりもってるとは思いますが、キャッシュレス派の一年間(2018)での平均貯蓄増加額は 87.6 万円で、現金派の平均貯蓄増加額(32.5 万円)の 2.7 倍 なんですって


データ的に見ても、現金派は貯蓄が少ない、年間収入が低い、低学歴等の属性なんて、もうヒドイ言われようです


他にもこんなデータもあります


個人の飲食店で、統計が役に立つのかどうかはかなり微妙ですが、全体の流れは確実に掴めるはずです


時代の流れには乗れなくてもいいから、決して逆らわないようにする 


そして、準備しておく 


これは、大事なことだと思います


まあ、使いたくなければ いつからでも 使わないようにする 事も出来ますし


なにより、新しい事って面白いじゃないですか


ちどりで今使えるキャッシュレス決済の種類です
Screenshot_20190711_153334.jpg
今後統一QRとナナコ、エディー、ワオンも使えるようになりますよお楽しみに







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント