10日金まで営業、11日土から営業休止します

さて、先日もお知らせしたとおり 


ちどりは、4月11日土から営業休止します


理由は新コロの影響によりお客さんが減ったから


一応、お店の入口に 新型コロナ感染症拡大防止のため・・・なんて紙貼っときますが、そんな気は少ししかありません


今でも、ウイルスより経済活動の方が重要だと思ってます


その点では、麻生さんとかがいってる事に近いです


そんな私でも、少しは気になるので調べてみました


新型コロナウイルス感染症対策本部(第27回)


色んな事が書いてありますが、大事だと思われるところを抜粋してみました


今回の緊急事態措置を実施する区域は、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、及び福岡県の7都府県とします


私たち全員が努力を重ね、人と人との接触機会を最低7割、極力8割、削減することができれば、2週間後には感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができます


更に 新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針によると


国民の生命を守るためには、感染者数を抑えること及び医療提供体制や社会機能を維持することが重要である


そして 具体的には、国民においては、不要不急の外出を避けること、「三つの密」や夜の街を極力避けること


事業者においては、業務継続計画(BCP)に基づき、出勤者の 4 割減少はもとより、テレワークなどを活用することで、さらに接触の
機会を減らすことを協力して行っていく必要がある


30 日間に急速に収束に向かわせることに成功できたとすれば、数理モデルに基づけば、80%の接触が回避できたと判断される


現在のところ、感染が拡大している地域であっても、多くの場合、ライブハウス、スポーツジム、医療機関、さらに最近になって繁華街の接客を伴う飲食店等におけるクラスターでの感染拡大が中心であり、限定的に日常生活の中での感染のリスクが生じてきているものの、広く市中
で感染が拡大しているわけではないと考えられる


などが書いてあります


ポイントは、対策本部は接触機会の減少でコントロールでき、その数理モデルを持っていると言う事です


ぜひ、公表して欲しいですね


まあ、長野は実施する区域 では、ありませんし


該当区域においても、多くの業種で営業するかしないかは、自由です


最初に述べたように現状なら私は経済の循環を止めない事の方が遥かに重要だと考えていますし、全国色々なところで感染者が居る状況では海外の行われている様な、都市封鎖すらほぼ意味がないと思ってます


ほぼほぼ、みんな感染してしまうまで、爆発している地域を封鎖する繰り返しになるだけと思ってます


ただね、一番大事なのは 拘束力がなくとも 法に従い出された 緊急事態宣言


改正新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第1項の規定に基づいたものです


医療・防疫だけではなく経済も世論も他全て含めて政治判断されて出されたものです


尊重しましょう


該当区域では、80%の接触が回避できれば、30 日間に急速に収束に向かわせること が出来るそうです


諸外国の法的拘束力の強い都市封鎖の例でも不可能でしたが、日本政府は要請でも国民の強力さえあれば可能だと 言っています


実際には二週間、検証に二週間で約30日可能なんですって


そうなると、該当区域では、ダラダラ、ボチボチ自粛していたのでは意味無いですよね


日本政府は、自粛して休業しても、補償はしないと言っています


ということはダラダラ、ボチボチ自粛を強化していくことが、長くなって一番、被害が大きいです


大事なことなので、もう一度言います 該当区域では、夜の街を極力避ける、職場の4割の人が休む 80%の接触を回避  ダラダラ、ボチボチやらずにみんなでやる


東京とか大都市の人達 頑張ってください


一応、該当地域ではないので、私は土曜日から引きこもり始めます



追記、一応「三つの密」が重なることがないよう、所要の感染防止策を講じた、食堂、レストラン、喫茶店などについては、換気、人と人との間隔を適切にとること等に注意すればOKなんですって

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント